IT関連企業に勤めるサボリーマンがおくる、IT関連ニュース、2ちゃんねるの面白ネタブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昔のテレビ番組、ネット配信のための出演者確認緩和に
昔の番組ネット配信、承諾なくてもOK 著作権法改正へ
http://www.asahi.com/business/update/0121/002.html

政府の知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は、出演者と連絡がとれずに事前承諾を得ることが難しい場合でも、過去のテレビ番組をインターネットなどで再配信できるよう著作権法の改正作業に着手する。ネットを通じた映像や音楽などの配信事業が世界的に拡大しており、環境整備が必要と判断した。国内の関連産業を成長分野に育てて、安倍首相が掲げる経済成長戦略の柱に据えたい考えだ。


今まで、この権利処理の問題で、どうしても配信できなかった番組が、ネットを通じて配信可能になりますね。日本の場合は、制作したテレビ番組の権利が多岐にわたっていたことが、大きな問題でした。

が、ここで、ちょっと気になったのが、「出演者らの承諾を得る「相当な努力」を払っても連絡がとれない場合」をどう判別するのかというのと、「業界に対し、出演者や著作権者がみつかる前でも使用料を供託すれば再利用できるような取り組みを奨励」という部分。

特に、後者の「業界に対し、出演者や著作権者がみつかる前でも使用料を供託すれば再利用できるような取り組みを奨励」の部分は、ひょっとして、あの団体が出てくるんじゃないのかなんて思っていたりします。

あの団体、そう、
JASRACさんです(笑)

テレビ局ですら、その利権の力に平伏し、きちんとJASRACの取り決めのとおり使用料を上納している昨今、この団体が一番、上記の使用料の徴収役として、有力なのじゃないかという気がしてきます。

その際に、音楽と同じように問題となるであろうことは、「出演者への使用料の配分の実態の不透明さ」でしょうか。

さて、どうなることでしょう。


ちなみに、このニュースは、Youtubeでのテレビ番組の無断投稿等とは全く関係のないニュースですよ(笑)
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ITドカタのIT・2ちゃんネタブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。