IT関連企業に勤めるサボリーマンがおくる、IT関連ニュース、2ちゃんねるの面白ネタブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「FFXI」のGM、中国人ユーザーへの「天安門事件」という発言を問題とし処分
FF11】中国人の暴言に「天安門事件」と返したユーザー、GMに処分される
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/907197.html

[GM]Jnglooes : キャラクターに攻撃をさせるよう仕向けましたね。また、
[GM]Jnglooes : キャラクターに対して、「天安門事件」といった発言も行っていますね。
[GM]Jnglooes : これら二つはMPKおよび不適切な発言となり、
[GM]Jnglooes : 利用規約に違反する行為となります。


ゲーム用語が飛び交うので、概要を説明しますと、

1.オンラインゲームのFFXIのある日本人ユーザーが、
2.FFXI内で不正ツールを使って
3.不正にお金(ギル)とアイテムを得ているユーザー(中国の業者?)
4.に対する嫌がらせ(MPK)を行ったところ、
5.その中国のユーザーから嫌がらせのメッセージが届いたので、
6.『天安門事件』などの言葉で返答したところ、
7.ゲームを管理するスクエニの担当(GM)が現れ、
8.そのユーザーは、嫌がらせ行為と『天安門事件』の発言
  を理由に、処分(利用停止)をうけた。

ということです。

さて、ここで、ちゃんと抑えておかないといけないのは、

そもそも、この日本人ユーザーが先に嫌がらせ行為をしているということ。

ですね。2ちゃんでは、「言論統制だ!」とかで盛り上がっていますが、まず、この部分は明らかな事実のようです。

ただ、私が大いに問題だと思う部分は、
『天安門事件』自体は、侮蔑的な言葉でもなんでもないはずの言葉なのに、中国においてのみ政治的なタブーの用語として捉え、それを問題にして処分したことですね。

その他にも、「台湾独立」だとか「共産党崩壊」だとか「自由民主主義万歳」などの、中国としては非常にタブーな単語も言ったみたいですけど(笑)

また、このスクウェア・エニックスのFAINAL FANTASY XIのサービス地域自体が、公式には日本とアメリカ・カナダ、ヨーロッパとなっており、アジアのその他の地域、中国等はサポートしていないはず。なのに、中国のユーザーに手厚く配慮するというのは甚だおかしいのではないか、という見方もあります。

ちょっと、勘ぐりたくなりますね。
中国の不正な業者と癒着関係でもあるのでは、と。


ちなみに、天安門事件、かなり風化しつつありますが、民主主義というか人道的にも非常に大問題となった18年前の中国の事件です。

天安門事件ですが、

六四天安門事件 - Wikipedia

6月4日、ついに軍事力でこのデモの参加者を無差別に虐殺する暴挙に出た。国内外のテレビ番組でもこの光景が中継された。


中国のインターネット検索では絶対に中国人民の目に見えないように公安部が常に監視しYahoo!で検索キーワードとして入力しても一切出力されない等の隠蔽工作をしているため、今の中国の若者たちはこの事件を知らない世代へと変わりつつあり危惧されている。いずれも独裁・共産圏の特徴である言論の封殺・思想の統合及び管理の弊害である。



という状況であり、中国政府にとっては、「タブー中のタブー」となっています。

その模様の一部は、下記にてご覧いただけます。
動画・無料動画はAskビデオ : ビューワー 天安門事件
※一部、過激なシーン、遺体が映っています。

以前は、民衆を戦車でひき殺してしまうというシーンも含まれるものがあったのですが、最近はなくなっているようですね。残虐シーンということで削除されているのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ITドカタのIT・2ちゃんネタブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。