IT関連企業に勤めるサボリーマンがおくる、IT関連ニュース、2ちゃんねるの面白ネタブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
PS3に互換性の不具合あるもSCE広報、「我慢すれば遊べる」
PS3、互換性に不具合のPS2ソフトが200タイトル
http://review.japan.zdnet.com/news/c20311967.html

これについてSCE広報担当者は「PSおよびPS2のソフトは8000~9000ある。問題があるのはその一部のソフト。音が聞こえない程度であれば、我慢すれば遊べるので問題ないと思う人もいるだろう。ハードの進化による非互換の問題は他社(のゲーム機メーカー)を含めて業界として知られていること。当初から互換率は100%ではないと考えていた。PS2の時はゲームプレイの進行に支障をきたすソフトの一覧を公表したが、PS3では(不具合の)症状に併せて遊んでもらうことができるようにするため、それら(各ソフトの不具合状況)を細かく書いていくスタンスを取っている」としている。


それは、ユーザーが決めることであって、100%互換を謡っていたメーカー側が言うことではないと思うんですよね。とても傲慢で見下した態度をとるような見下げた企業になってしまったものです、ソニー。

久多良木社長のかの発言の記事をみつけたのでリンクしておきます。

・SCEI 久夛良木社長インタビュー(3)「PS3でNVIDIAと組んだ理由」
 http://pc.watch.impress.co.jp/(略)

Xboxは、新世代が今年の11月に来ると、現行のXboxは旧世代になる。そうすると、Xboxは自分で自分を殺してしまうことになる。それを救う唯一の方法は100%の互換性を初日から取ること。でも(Microsoftは)それをコミットできないだろう、技術的にも苦しい。

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ITドカタのIT・2ちゃんネタブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。